空き家のご相談

空き家のご相談

空き家問題とは? ご所有の空き家の解決策について

近年、少子高齢化などで空き家が増え続けているなか、親族などから相続した家をこの先どうすれば良いのかわからないまま放置し続けるなどの問題が増え、全国の空き家の数は上昇傾向にあります。

空き家は所有者の適切な管理ができていないと、近隣への悪影響(災害・犯罪)、街の景観への影響などの様々な問題がでてきます。最近の被害では、老朽化が進んだビルの看板が落下し、通行人が大ケガをした事件や、空き家から不審火がでて全焼し隣地の家が類焼してしまうケースなどの、最悪な事件にまで発展してしまうようなことなども起こっています。

ご所有の空き家がどの様な状態にあるのか、近隣にどんな悪影響があるのかなど、今後すべきことや将来所有している不動産をどうしていくのかを不動産の専門家に相談し、その上で対応を検討するべきです。

【特定空き家と固定資産税】

平成27年度の「税制改正」では、「空き家等対策の推進に関する特別措置法に基づく必要な措置の勧告の対象となった特定空き家に係る土地について、住宅用地に係る固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置を適用しない」とあります。簡単にいえば、「きちんと管理がされていない空き家に対しては、固定資産税・都市計画税の大幅な増税ができる」という内容です。

今までは建物を解体すると土地の固定資産税等が上がってしまうため、解体をせずに放置していた所有者の方も大勢いらっしゃると思います。今後、空き家所有者はしっかりとした管理を行うか、活用をするかの選択を迫られることになりそうです。

空き家のご相談 flow

是非、中央住建不動産にご相談ください!!

遠方で空き家の管理に困っている、売却をしたいが不動産の事がよく分からない、相続の問題があってうごかせないなど、様々な悩みがあるかと思います。そのようなお悩みを、司法書士・不動産鑑定士・金融機関などと連携をとり、当社スタッフが一つでも解決できるようサポート・アドバイスいたします。

私達が選ばれる理由